「学校くるな」 「消えろ」   その乱雑な文字は、石川梨花の目に否応なしに飛び込んできた。   学校の下駄箱で、ローファーから上履きに履き替えようと、自分の靴箱から上履きを取り出し、スノコの上に置いた時だった。 上履きの中に、片方ずつ、それらの文字 …

↑このページのトップヘ