自分の下駄箱を開けたら、上履きが無くなっている。
いじめられっ子が朝学校に入ったとたん、憂鬱になる。
教科書、ノート、体操服や筆記用具などあらゆる持ち物の安全が保証されていない時空間のなかで、もっとも隠されやすくいたずらされやすいもの、それが上履き。
先生に訴えても、忘れた頃にまたやられる。
自分の名前がはっきり書かれている上履きが、いたずらの意図無く他人が間違えるはずもない。だから、それは悪意の表れ。
落書きや、片方だけ隠されることも。

そしていじめられっ子にとってもっとも嫌なこと、それは。

また隠されたら、どうしよう。