2012年12月

  「はい、今日はここまで」   チャイムが鳴り響き、国語の先生が授業の終わりを告げると、日直が、起立、という掛け声が続く。   席を立つと同時に、私は床からの冷たい冷気に、体を震わせた。   「・・・礼!」   一時間目が終わる。   私は今、上履きを履 …

↑このページのトップヘ