カテゴリ: 小説

うわばきが、ない。私の上履きが、下駄箱から消えていた。2週間前のあの日、人生で初めて靴を隠された。目指していた高校に入れて、やっと明かりが見えたと思った5月に。今日も。昨日は大丈夫だった。一昨日も。でも先週の金曜日は、無かった。下駄箱の上。私の上履きは、い …

↑このページのトップヘ