カテゴリ: 小説 - 「イジメ」の告白

  思い詰めての、「イジメ」の告白。 彼女、僕のクラスの生徒、佐藤玲子。 彼女は、陰湿で執拗な、彼女の靴に対する嫌がらせに、耐えていたんだとわかった。 そして、今日、それが耐えきれなくて、こうして僕に相談してきてくれた。 それが少しだけ、うれしかった。 …

↑このページのトップヘ