カテゴリ: 小説 - 「高橋」さんのローファ

  ◇◇ 「ねぇ…よかったら…私と…友達に、なってくれますか?」 彼女から、思いもしなかった言葉が投げかけられた。 学は、まさに、その台詞を自分から言おうとしていた。 つながり。 偶然とはいえ、出会い、似たような境遇で、信じられる友達もいない。 …

↑このページのトップヘ